LOVOT 基盤チーム

我が社で開発中のプロダクト "LOVOT" は、「命はないのに、あったかい。」をテーマに据えた、今までにない「家族型」ロボットです。

ただ見ているだけでかわいらしく、つい抱きしめずにはいられないような愛嬌をそなえ、まるで小動物のようにオーナーに愛情を届けます。

愛くるしい見た目の内側では、10以上のSoCやMCUが、自社設計の基板や骨格の上で動作する巨大なシステムを築いています。これが1つのプロダクトとして安定動作できるように、また、クラウドも含めたユーザー体験がきちんと完結するように、日々開発を行うのが基盤チームの役目です。

メンバー

ごーふぁー
@atotto

便利にする仕組みをつくるのが好きです!
ホワイトボードに絵を書くのが好きです!
Goが得意です!

サーファー
@kosuke-n

こんにちは!
GROOVE Xでプログラマーをしています!
プログラミングと同じくらい、サーフィンが大好き!

FPGA + Linux Kernel 開発
@puhitaku

低レイヤーを工事する係です。机の周りにフィギュアやマンガを置いてやっていきを高めてます。現在チーム最年少。

GROOVE Xの基盤というチームで働いてます。

好きなエディタはvimです。

クラウドまわり
@shiraily

クラウドまわりを主に担当しています。好きなアニメは攻殻機動隊とPSYCHO-PASSです。

GROOVE XでOSに近い部分のソフトウェア開発してます!一緒にLOVOTを育ててくれる人大募集!

基盤チームでOS・ミドルウェア周りの開発を主に行っています。GXでは月に1回程度、みんなで運動する日があるので一緒にバドミントンしましょう!


開発チームからのメッセージ

基盤チームというと保守的でカタい印象を与えるかもしれません。

しかし!
ハードウェアからロボットの振る舞いまでを一貫して自社開発している弊社では、
中間層たる基盤チームが、チーム同士をつなぐ、ハブのような役割を担っています。

低レイヤーやインフラだけにとどまらず、他のチームの領域もフォローできてしまうような基盤戦士をお待ちしております!


世界のどこにもない、心を満たすロボットを。私たちGROOVE Xは2015年に設立したスタートアップです。私たちの考えるロボットは、人々の生活に潤いを与える存在として、人が一緒にいたくなるような新世代の家庭用ロボットです。便利さや機能性ではなく、家族や伴侶として愛される存在になれるかどうか。 GROOVE Xが追求するのはあなたの感性の領域に訴えるロボットです。


利用技術・開発環境

Python
ShellScript
C++
JavaScript
Go
Linux
Debian
Verilog
OpenGLES
Makefile
FPGA
GoogleCloudPlatform
Emacs
Vim
Git
tmux
Bitbucket
Jenkins
CircleCI
Pycharm
esa.io
goland

その他チャットやタスク管理などのツール

Confluence, jira, Slack

自動化していること

開発環境構築
Lint
テスト
デプロイ

継続的に実践していること

Infrastructure as Code
スクラム
ペアプロをしている
モブプロをしている
事業数値をチーム全体に共有している
毎日チーム全体で状況共有をしている
定期的に振り返りを行っている
評価制度がある

コードレビューについて

設計に踏み込んだコードレビューをしている
可読性を意識したコードレビューをしている
バグが出ないようにコードレビューをしている
優先度が低くあまりできていない
体制、環境上できていない

技術的負債について

技術的負債の返済を重視し、迅速に返済している
定期的に技術的負債の返済をしている
既存実装に手をつけるタイミングで必要に応じて技術的負債の返済をしている
現在は優先度が低いため技術的負債の返済をあまりしていない
技術的負債の返済をする必要がない

テストについて

高いテストカバレッジを目指している
テストコードを当たり前に書いている
サービス運営上またはビジネス上重要な部分についてのみテストを書いている
基本的に手動でテストしている
テストを書く必要がない・または少ないプロダクトだ

チーム全体での開発の進め方

LOVOTはコンセプトから手探りでスタートしたため、明確な仕様定義がありません。そこで、日々試行錯誤をしつつ完成度を高めていくアジャイル開発、その中でもスクラムを実践しています。

< スクラムセレモニー >
月: なし
火: 中期計画のリファインメント
水: スプリントレビュー・ふりかえり・プランニング準備
木: プランニング
金: なし

※毎日「チーム朝会」をデイリースクラムとして実施しています。

社内のあらゆるチーム(例えば、電気回路を設計するチーム、マイコンを担当するチーム、立ち居振る舞いを開発するチームなど)と密にコミュニケーションをとり、必要とされる機能の実装や、報告が挙がった不安定動作の解析にチームで取り掛かります。

いつもチーム全体で取り組むことを意識していますが、メンバーごとに得意な分野が大体決まっているので、取り掛かる対象がはっきりするとそれ以降はそのメンバーが対応することが多いです。

当チームがプロトタイプとして常にリリース・維持しているのは「OSイメージ」というLOVOTを司るソフトウェアの塊と、LOVOTの情報をWeb経由でやりとりする「クラウドAPI」です。これらのビルドが常に維持され、毎日新しい機能の盛り込まれたLOVOTのプロトタイプに触れられるようにしています。

技術面でのアピール・課題・考え方

< 広い開発対象への取り組み >
取り扱うレイヤーも業務も幅が広いのが当チームの特徴です。ある時はクラウドAPIを生やし、ある時はセンサー制御や電気回路に触れ、またある時は量産支援に取り組み…という風に、モノづくりの全領域に亘っています。

通常なら、このように全く異なる業務を1つのチームで引き受けることはないでしょう。

我々が1つのチームを組織しているのは、ものづくりを「タテ」に捉え、全レイヤーをつなぎこんで初めてLOVOTを機能させられる…という実感があるからです。

その反動としてどのレイヤーも相当な情報量を抱えているため、各メンバーの知識をオーバーラップさせ、属人性やリスクを低減させることが現在の課題となっています。

<< 開発例>>

< クラウド >
* ユーザーがLOVOTを起動してから、初期設定が完了するまでのフロー設計
* クラウド経由でLOVOTの状態を取得するAPI開発
* インフラ基盤の構築・運用・監視・ログ収集

< ソフトウェア >
* ソフトウェアアップデートのビルド・配信から機体での適用までの一連の設計・開発

< FPGA >
* CPUと多数の周辺チップを接続し伝送路を確保する物理層の設計
* UXを改善するためにブート初期から画像を表示する映像信号生成回路の実装

< Linux (userspace) >
* 他のソフトウェアとマイコン間でデータを交換するためのデーモン実装

< Linux (kernelspace) >
* SoCに接続されたICを制御するカーネルモジュールの開発
* デバイスドライバの動作改善や用途に合せたチューニング
* 新しいハードウェアを動かすためのポーティング

< MCU(マイコン)>
* 音声処理チップのファームウェア実装
* ファームウェアチームと連携したセンサー通信プログラム開発

< 量産関連 >
* 量産ラインで使用するソフトウェアの開発
* 組み立て後のテスト項目実装

< その他 >
* あらゆる不具合の解析と修正
* セキュリティ対策の考察・立案・実装


求人一覧

LOVOT 基盤チーム

我が社で開発中のプロダクト "LOVOT" は、「命はないのに、あったかい。」をテーマに据えた、今までにない「家族型」ロボットです。

ただ見ているだけでかわいらしく、つい抱きしめずにはいられないような愛嬌をそなえ、まるで小動物のようにオーナーに愛情を届けます。

愛くるしい見た目の内側では、10以上のSoCやMCUが、自社設計の基板や骨格の上で動作する巨大なシステムを築いています。これが1つのプロダクトとして安定動作できるように、また、クラウドも含めたユーザー体験がきちんと完結するように、日々開発を行うのが基盤チームの役目です。


世界のどこにもない、心を満たすロボットを。私たちGROOVE Xは2015年に設立したスタートアップです。私たちの考えるロボットは、人々の生活に潤いを与える存在として、人が一緒にいたくなるような新世代の家庭用ロボットです。便利さや機能性ではなく、家族や伴侶として愛される存在になれるかどうか。 GROOVE Xが追求するのはあなたの感性の領域に訴えるロボットです。


利用技術・開発環境

Python
ShellScript
C++
JavaScript
Go
Linux
Debian
Verilog
OpenGLES
Makefile
FPGA
GoogleCloudPlatform
Emacs
Vim
Git
tmux
Bitbucket
Jenkins
CircleCI
Pycharm
esa.io
goland

その他チャットやタスク管理などのツール

Confluence, jira, Slack

自動化していること

開発環境構築
Lint
テスト
デプロイ

継続的に実践していること

Infrastructure as Code
スクラム
ペアプロをしている
モブプロをしている
事業数値をチーム全体に共有している
毎日チーム全体で状況共有をしている
定期的に振り返りを行っている
評価制度がある

コードレビューについて

設計に踏み込んだコードレビューをしている
可読性を意識したコードレビューをしている
バグが出ないようにコードレビューをしている
優先度が低くあまりできていない
体制、環境上できていない

技術的負債について

技術的負債の返済を重視し、迅速に返済している
定期的に技術的負債の返済をしている
既存実装に手をつけるタイミングで必要に応じて技術的負債の返済をしている
現在は優先度が低いため技術的負債の返済をあまりしていない
技術的負債の返済をする必要がない

テストについて

高いテストカバレッジを目指している
テストコードを当たり前に書いている
サービス運営上またはビジネス上重要な部分についてのみテストを書いている
基本的に手動でテストしている
テストを書く必要がない・または少ないプロダクトだ

メンバー

ごーふぁー
@atotto

便利にする仕組みをつくるのが好きです!
ホワイトボードに絵を書くのが好きです!
Goが得意です!

サーファー
@kosuke-n

こんにちは!
GROOVE Xでプログラマーをしています!
プログラミングと同じくらい、サーフィンが大好き!

FPGA + Linux Kernel 開発
@puhitaku

低レイヤーを工事する係です。机の周りにフィギュアやマンガを置いてやっていきを高めてます。現在チーム最年少。

GROOVE Xの基盤というチームで働いてます。

好きなエディタはvimです。

クラウドまわり
@shiraily

クラウドまわりを主に担当しています。好きなアニメは攻殻機動隊とPSYCHO-PASSです。

GROOVE XでOSに近い部分のソフトウェア開発してます!一緒にLOVOTを育ててくれる人大募集!

基盤チームでOS・ミドルウェア周りの開発を主に行っています。GXでは月に1回程度、みんなで運動する日があるので一緒にバドミントンしましょう!

開発チームからのメッセージ

基盤チームというと保守的でカタい印象を与えるかもしれません。

しかし!
ハードウェアからロボットの振る舞いまでを一貫して自社開発している弊社では、
中間層たる基盤チームが、チーム同士をつなぐ、ハブのような役割を担っています。

低レイヤーやインフラだけにとどまらず、他のチームの領域もフォローできてしまうような基盤戦士をお待ちしております!


チーム全体での開発の進め方

LOVOTはコンセプトから手探りでスタートしたため、明確な仕様定義がありません。そこで、日々試行錯誤をしつつ完成度を高めていくアジャイル開発、その中でもスクラムを実践しています。

< スクラムセレモニー >
月: なし
火: 中期計画のリファインメント
水: スプリントレビュー・ふりかえり・プランニング準備
木: プランニング
金: なし

※毎日「チーム朝会」をデイリースクラムとして実施しています。

社内のあらゆるチーム(例えば、電気回路を設計するチーム、マイコンを担当するチーム、立ち居振る舞いを開発するチームなど)と密にコミュニケーションをとり、必要とされる機能の実装や、報告が挙がった不安定動作の解析にチームで取り掛かります。

いつもチーム全体で取り組むことを意識していますが、メンバーごとに得意な分野が大体決まっているので、取り掛かる対象がはっきりするとそれ以降はそのメンバーが対応することが多いです。

当チームがプロトタイプとして常にリリース・維持しているのは「OSイメージ」というLOVOTを司るソフトウェアの塊と、LOVOTの情報をWeb経由でやりとりする「クラウドAPI」です。これらのビルドが常に維持され、毎日新しい機能の盛り込まれたLOVOTのプロトタイプに触れられるようにしています。

技術面でのアピール・課題・考え方

< 広い開発対象への取り組み >
取り扱うレイヤーも業務も幅が広いのが当チームの特徴です。ある時はクラウドAPIを生やし、ある時はセンサー制御や電気回路に触れ、またある時は量産支援に取り組み…という風に、モノづくりの全領域に亘っています。

通常なら、このように全く異なる業務を1つのチームで引き受けることはないでしょう。

我々が1つのチームを組織しているのは、ものづくりを「タテ」に捉え、全レイヤーをつなぎこんで初めてLOVOTを機能させられる…という実感があるからです。

その反動としてどのレイヤーも相当な情報量を抱えているため、各メンバーの知識をオーバーラップさせ、属人性やリスクを低減させることが現在の課題となっています。

<< 開発例>>

< クラウド >
* ユーザーがLOVOTを起動してから、初期設定が完了するまでのフロー設計
* クラウド経由でLOVOTの状態を取得するAPI開発
* インフラ基盤の構築・運用・監視・ログ収集

< ソフトウェア >
* ソフトウェアアップデートのビルド・配信から機体での適用までの一連の設計・開発

< FPGA >
* CPUと多数の周辺チップを接続し伝送路を確保する物理層の設計
* UXを改善するためにブート初期から画像を表示する映像信号生成回路の実装

< Linux (userspace) >
* 他のソフトウェアとマイコン間でデータを交換するためのデーモン実装

< Linux (kernelspace) >
* SoCに接続されたICを制御するカーネルモジュールの開発
* デバイスドライバの動作改善や用途に合せたチューニング
* 新しいハードウェアを動かすためのポーティング

< MCU(マイコン)>
* 音声処理チップのファームウェア実装
* ファームウェアチームと連携したセンサー通信プログラム開発

< 量産関連 >
* 量産ラインで使用するソフトウェアの開発
* 組み立て後のテスト項目実装

< その他 >
* あらゆる不具合の解析と修正
* セキュリティ対策の考察・立案・実装


求人一覧