プロダクトマネージャー最終更新日 2023/12/22

Mackerel /エンジニアをワクワクさせる直感的サービス/ディレクター【フルリモート可】

PythonScalanginxRedisGitHubCapistranoAWSPostgreSQLGochefPlayFrameworkJenkinsTypeScriptAngularCircleCITravisCIDockerAnsibleSlackMackerelAppVeyorzenhubRedis-clusterdebainReact
東京都 / 表参道駅600~900万円
はてな

業務内容

責任、任される仕事内容

Mackerelのプロダクト開発と開発チームに対して責任を持つ立場となります。
開発規模が大きいため、複数人で分担して業務に当たります。

■プロダクト開発
プロダクト開発では、プロデューサー、PdMと連携し、開発における要件定義や開発計画・管理を担当していただきます。

・仮説検証型プロダクト開発
Mackerelではプロダクトの進化のため、ユーザーからのフィードバック、社内利用によるドックフーディングなどから出てきたアイデアを仮説検証型アジャイル開発を用いて実現・実装を進めています。
仮説立案、検証から、Product Requirements Documentおよび、エンジニアと協力してDesignDocの作成、PBI作成など、プロダクト開発を主導していく立場になります。

・プロダクト開発の計画と管理
監視というプロダクトの特性上、安定した運用は非常に重要です。
大小様々な周辺環境の変化に追従していくため、継続した機能デリバリーが必要です。
そのための実現可能な計画策定とそれを完遂するための管理に責任を持ちます。

なぜそれをやって欲しいのか

はてなが開発するサーバー監視サービス「Mackerel」は「創造的なおもしろい仕事で世界を変える。」を合い言葉とし順調に規模を拡大しつづけています。
Mackerel チームの開発人員が増えていく中で、プロジェクトマネージャーとチームマネージャの役割を担うディレクター職を増員することといたしました。
多くのサービスを開発しているはてなの中で、Mackerel チームは社内有数の大規模チームです、複数人のマネージャーを据えて、開発チームの活躍を最大化し、更に大きな開発チームに拡大するため、リーダーシップを発揮できる人員を求めています。

エンジニアリング以外の仕事・姿勢への期待

プロダクトやユーザー視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ビジネス視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ピープルマネジメント
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない

求める人

必須のスキル・経験

・Webサービス / SaaS系プロダクトの企画・ディレクション業務経験
 ・BtoBまたはBtoC
 ・企画に対する説明能力
・開発が関わるプロジェクトマネージャー経験
・Webサービス / SaaS系プロダクトの継続的な開発と運用の経験
 ・自社・他社に限らず、何らかのサービス開発と運用の実施経験

あると望ましいスキル・経験

・仮説検証型プロダクト開発の実践
 ・TryしてみたいでもOK
・PO / PdM の実務経験
・データ分析・市場調査からの企画立案経験
・デザイン思考・ペルソナ設計・カスタマジャーニー設計などのUXに関する理解、経験
・エンジニアに対するスキル面でのフォローや技術面で取捨選択の判断ができる
・Scrum関連の受講経験
 ・CSPOなどの認定資格を持っている

労働条件

雇用区分正社員・契約社員
新卒 / 中途中途採用
勤務制度フルフレックスタイム制
勤務地の住所京都オフィス(本社)〒604-8162 京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町630 読売京都ビル7F 東京オフィス(本店)〒107-0062 東京都港区南青山6-5-55 青山サンライトビル3F 日本全国リモート勤務可
待遇・福利厚生

制度
・積立休暇(最高40日まで有給休暇を積立可能)
・両立支援(育児・介護休業、子の看護休暇、介護休暇)
・決算賞与(15年連続で支給実績アリ)
・慶弔休暇、慶弔祝い金・見舞金
・自転車通勤支援
・従業員持株会
・資格取得支援
・GLTD(団体長期障害所得補償保険)
・インフルエンザ予防接種
・医療保険、生命保険 各種アセスメントチェック
・部内交流会、懇親会などの飲食手配・補助

その他制度
・在宅勤務手当 2万円/月(勤務環境整備と飲食サポートのため)
・新規入社のかたへ一時金12万円支給(在宅勤務開始にあたっての環境設定支援のため)

求人の特徴

PC選択自由

リモートワーク可

副業可

休日・休暇

・完全週休2日制(土・日・祝日)
・有給休暇(入社日に年13日)
・慶弔休暇
・年末年始休暇(毎年12/30~翌1/3)
・積立休暇(失効する年次有給休暇を年10日(合計40日まで)積立でき、私傷病・育児・介護休暇に利用可能)

試用期間

3ヶ月(条件等は変更なし)

受動喫煙防止措置に関する表記

■ 屋内禁煙(屋内喫煙可能場所あり)

企業情報

会社名はてな
企業URL

https://hatenacorp.jp/

資本金

236,409千円

設立年月日

2001年7月19日

代表者氏名

栗栖義臣

従業員数

144人

本社所在地

京都府京都市中京区烏丸通六角下ル七観音町630 読売京都ビル7F

何をやっている企業か

■Webサービス事業
「はてなブックマーク」「はてなブログ」「Mackerel」等をはじめとする、はてなの各サービスの開発・運営

企業からのメッセージ

はてなは「知る」「つながる」「表現する」というミッションを掲げ、Webサービスを提供している会社です。

はてなでは、それぞれの職種の専門的知識や特性もさることながら、「インターネットが好きな方」、「はてなが好きな方」と一緒に仕事をしたいと考えています。「はてならしさ」を共有でき、どこにもないWebサービスでたくさんの人々の生活を変えてしまうような事業を、ともに行える方に加わっていただきたいと思っています。

開発チーム情報

開発チーム名

Mackerelチーム

開発チームメンバー

普段はチーフSREとして、はてなの様々なプロダクトのSLI/SLO設計のサポートやインフラ技術のサポートをしています。

@tatsuruチーフエンジニア、プロダクトマネージャー

Mackerel という監視のSaaSサービスを作っています。以前はインフラエンジニアをやってました。計算機、ハードウェアが好きなんですが仕事はクラウドばかりです。

担当プロダクト

プロダクトのリリース日

2014年9月

プロダクトの説明・成し遂げたいこと

Mackerelは「Infrastructure as Codeを進化させ、エンジニアの開発・運用プロセスを革新する」をミッションとして開発している、サーバー監視サービスです。
Mackerelは、もともとはてな社内でインフラを管理するための社内ツールとして作られ、それによって培われた、はてなのノウハウをサービス化するところからスタートしました。

2014年から開発を継続し、ようやくプロダクト立ち上げ当初計画されていた機能開発に一区切りがつきました。現在は、機械学習技術を用いたロール内異常検知や、コンテナ対応など、次世代のインフラ管理をリードすべくNext Mackerelといった雰囲気の開発をスタートさせています。

わたしたちの目指す世界は、エンジニアのインフラ監視の手間を削減し、価値提供のために仕事に全力を注げられるようになることです。そのために今後も、より複雑で動的なインフラへの対応を続け、サービスインフラの管理ツールへのベストプラクティスを示し続けようと考えています。

自動化していること

デプロイ

継続的に実践していること

テストについて

高いテストカバレッジを目指している
テストコードを当たり前に書いている
サービス運営上またはビジネス上重要な部分についてのみテストを書いている
基本的に手動でテストしている
テストを書く必要がない・または少ないプロダクトだ

技術的負債について

技術的負債の返済を重視し、迅速に返済している
定期的に技術的負債の返済をしている
既存実装に手をつけるタイミングで必要に応じて技術的負債の返済をしている
現在は優先度が低いため技術的負債の返済をあまりしていない
技術的負債の返済をする必要がない

コードレビューについて

設計に踏み込んだコードレビューをしている
可読性を意識したコードレビューをしている
バグが出ないようにコードレビューをしている
優先度が低くあまりできていない
体制、環境上できていない

チーム全体での開発の進め方

Mackerelチームではスクラムでの開発を進めています。
わたしたちのスクラムでは、Product Backlogの作り方に一工夫あります。Mackerelではプロダクトオーナーが考える機能開発のネタに加えて、デザイナによるDesign Backlog、CRE (Customer Reliability Engineer) が管理する顧客要望、 エンジニアが管理する基盤系タスクや技術的負債の返済などがあります。各職種のリーダーがこれらをスプリント計画の前段階に持ち寄り、プロダクトオーナー主導で優先順位がつけられ、Product Backlog Itemとなってスプリント計画会で開発計画化されます。

この工夫により、新機能開発・顧客要望の取り込み・デザイン改善・エンジニアリング改善が、バランス良く実行されます。

技術面でのアピール・課題・考え方

Mackerelは、エンジニア向けのツールということもあり、幅広い術スタックがエンジニアに求めれるプロダクトです。また、常に最新のトレンドを追いかけて機能開発をする必要もあるので、技術的なチャレンジの場は他のどんなプロダクトよりも豊富だと思います。
2014年から継続開発されているので、基盤部分には古びつつある箇所も出てきました。今後はこれらを解消する試みをやっていきたいと思っています。

開発チームからのメッセージ

Mackerelチームは現在、次世代のインフラ管理を見据えたフェーズに入っており、ベンチャーでいうところの第二創業期といった雰囲気があります。ここから大きく飛躍していける段階に来ており、Mackerelを日本を代表するプロダクトに成長させられる人を探しています!


この求人は募集を終了しました