Qiita開発チーム


メンバー

@getty104
アプリケーションエンジニア
エンジニアを最高に幸せにすべく、Qiitaの開発を行なっています。 最近はトレジャーデータを使ったデータ基盤の構築や、分析などを行っています。 フロント、バック、インフラ問わず役に立つことならなんでも好きです。 あなたの幸せが僕の幸せです。
@hareku
アプリケーションエンジニア
Qiitaをより良いエンジニアのためのサービスにするために開発しています。 最近は画像周りの最適化やパフォーマンス監視などを行なっています。インフラ/バックエンド問わず色々できますが最近はフロントエンドに関心を持っています。
@yaotti
プロダクトオーナー
プロダクトオーナーとしてサービスロードマップやプロジェクトマネジメントを行なっています。

プロダクト

Qiitaは、プログラマのための技術情報共有サービスです。 プログラミングに関するTips、ノウハウ、メモを簡単に記録 & 公開することができます。

リリース: 2011年11月

Qiitaは、プログラマのための技術情報共有サービスです。 プログラミングに関するTips、ノウハウ、メモを簡単に記録 & 公開することができます。

リリース: 2011年11月

利用技術・開発環境

Ruby
JavaScript
TypeScript
Elasticsearch
React
hyperapp
AWS
TreasureData
Docker
BigQuery

チャットやタスク管理などのツール

GitHub, Trello, Slack, zenhub, GSuite

自動化していること

開発環境構築
Lint
テスト
デプロイ

継続的に実践していること

Infrastructure as Code
スクラム
ペアプロをしている
モブプロをしている
事業数値をチーム全体に共有している
毎日チーム全体で状況共有をしている
定期的に振り返りを行っている
評価制度がある

コードレビューについて

設計に踏み込んだコードレビューをしている
可読性を意識したコードレビューをしている
バグが出ないようにコードレビューをしている
優先度が低くあまりできていない
体制、環境上できていない

技術的負債について

技術的負債の返済を重視し、迅速に返済している
定期的に技術的負債の返済をしている
既存実装に手をつけるタイミングで必要に応じて技術的負債の返済をしている
現在は優先度が低いため技術的負債の返済をあまりしていない
技術的負債の返済をする必要がない

テストについて

高いテストカバレッジを目指している
テストコードを当たり前に書いている
サービス運営上またはビジネス上重要な部分についてのみテストを書いている
基本的に手動でテストしている
テストを書く必要がない・または少ないプロダクトだ

チーム全体での開発の進め方

毎朝簡単な朝会を15分程度実施し、その日の予定やちょっとした困りごとなどを話し合っています。

各種指標値はTreasureDataに蓄積しておりredashで可視化できる基盤を構築しています。これにより各施策の効果がどのように現れているかをリアルタイムで確認でき、次の施策立案に役立てています。施策の起案や優先度の設定にはエンジニアも積極的に関わっています。

Qiitaの開発をメインで担当しているエンジニアは @getty104 @hareku の2名だけなのですが、大きな機能開発の際などは必要に応じて Qiita Jobs や Qiita:Team のチームメンバーも交えて設計のディスカッションを行うなど、相互に連携して開発に取り組んでいます。

技術面でのアピール・課題・考え方

アプリケーションはRails製で、ビューはTypeScript + hyperappを使用しています。一部分静的なページなどはテンプレートエンジンにslimを使用しています。
また、GraphQLを採用しており、クエリを書くことで柔軟にデータ取得が行えるようになっています。

Infrastructure as Codeを実現するためにTerraformを用いています。

本番へのデプロイには必ずランダムに選ばれた1名以上のコードレビューを必須としており、開発を担当するエンジニアが少ないからこそ、属人化が進むことを防いでいます。

CI/CDはCircleCI + capistranoを用いて自動化しています。CircleCIではPerformance Pricing Planを採用しており、CI待ちの時間を削減するように心がけています。

開発環境の構築は、「redeem」という内製のツールで自動化しており、気軽に開発環境を再構築したり、新入社員がスムーズに開発を開始できるようにしています。

SlackにQiitan(Qiitaのマスコット)というチャットボットがいて、開発メンバーを支援してくれます。
・ランダムにレビュアーを選ぶ
・デプロイする
・一時的にデプロイを禁止する
・予定をリマインドする
・用語の間違いを正してくれる
などをQiitanがやってくれます。


開発チームからのメッセージ

Qiitaはリリースからエンジニアに愛されるサービスへと日々成長してきました。

現在、今一度Qiitaが提供している価値を振り返り、「エンジニアのアイデンティティの確立」という理想のもと、サービスの改善や機能開発などを行っています。

理想に共感したり、エンジニアを最高に幸せにしたいと思っていたら、ぜひ一度お話しましょう!

応募だけでなく、ユーザーとして中のエンジニアと話してみたい
などのモチベーションでのチャットも大歓迎です!

ぜひチャットでお話しましょう


求人一覧

このチームと話してみましょう
どれくらい興味があるか教えてください。

Qiita開発チームの全てのメンバー

@getty104
アプリケーションエンジニア
エンジニアを最高に幸せにすべく、Qiitaの開発を行なっています。 最近はトレジャーデータを使ったデータ基盤の構築や、分析などを行っています。 フロント、バック、インフラ問わず役に立つことならなんでも好きです。 あなたの幸せが僕の幸せです。
@hareku
アプリケーションエンジニア
Qiitaをより良いエンジニアのためのサービスにするために開発しています。 最近は画像周りの最適化やパフォーマンス監視などを行なっています。インフラ/バックエンド問わず色々できますが最近はフロントエンドに関心を持っています。
@yaotti
プロダクトオーナー
プロダクトオーナーとしてサービスロードマップやプロジェクトマネジメントを行なっています。