Opt Technologies マネジメントチーム


メンバー

@gcchaan
組織の文化作りと外部発信
エンジニア組織のブログ、エンジニア向け勉強会や社内ハッカソンを通して文化醸成に取り組んでいます
もっと見る

プロダクト

エンジニア組織 Opt Technologies
https://opt-technologies.jp/

Opt Technologies とは、株式会社オプトのエンジニア部門です。企業や生活者を、広告や技術でつなぐことで、社会のデジタルシフトを推進し、より便利でサステナブルな社会の実現を目指します。

▼オプトの目指すデジタルシフトとは
オプトはマーケティングを中心とした産業や社会のデジタルシフトを目指しています。第三次産業革命以降、デジタル産業革命は今なお加速度を増しながら継続中です。マーケティングを中心に様々なプロセスや基盤をデジタル化することによって、業務効率が改善し価値創造も加速していきます。そして、デジタル化対応した企業が多ければ多いほど、経済力、国力は向上し、企業も国も世界的な成長に貢献できると考えています。
オプトは平たく言ってしまえばインターネット広告代理店ですが、”Innovation Agency” を掲げ、デジタルシフトによって社会や世界を良くすることに本気で挑戦しています。エンジニア部門である Opt Technologies ではマーケティングをデジタルシフトさせるべく、広告運用プロセスの自動化やAIによる高度化などに取り組んでいます。ビジネスサイドと協働することで Opt Technologies の確かな技術を持ったエンジニアが、きっとデジタルシフトの立役者になるでしょう。

▼組織としての Opt Technologies
開発領域ごとに開発部があり、各開発部とビジネス側(別部署)が一体となってプロダクトチームを組んで開発にあたっています。プロダクトチームは自己組織的なチームであり、マネージャーが開発の詳細までマネジメントすることはありません。各開発部のマネージャーが担当するのは、業務やスキルアップのサポート、エンジニアの評価や育成、そして全社のゴールを最上位目標とする他部署との調整を行うことです。

リリース: 2016年4月
エンジニア組織 Opt Technologies
https://opt-technologies.jp/

Opt Technologies とは、株式会社オプトのエンジニア部門です。企業や生活者を、広告や技術でつなぐことで、社会のデジタルシフトを推進し、より便利でサステナブルな社会の実現を目指します。

▼オプトの目指すデジタルシフトとは
オプトはマーケティングを中心とした産業や社会のデジタルシフトを目指しています。第三次産業革命以降、デジタル産業革命は今なお加速度を増しながら継続中です。マーケティングを中心に様々なプロセスや基盤をデジタル化することによって、業務効率が改善し価値創造も加速していきます。そして、デジタル化対応した企業が多ければ多いほど、経済力、国力は向上し、企業も国も世界的な成長に貢献できると考えています。
オプトは平たく言ってしまえばインターネット広告代理店ですが、”Innovation Agency” を掲げ、デジタルシフトによって社会や世界を良くすることに本気で挑戦しています。エンジニア部門である Opt Technologies ではマーケティングをデジタルシフトさせるべく、広告運用プロセスの自動化やAIによる高度化などに取り組んでいます。ビジネスサイドと協働することで Opt Technologies の確かな技術を持ったエンジニアが、きっとデジタルシフトの立役者になるでしょう。

▼組織としての Opt Technologies
開発領域ごとに開発部があり、各開発部とビジネス側(別部署)が一体となってプロダクトチームを組んで開発にあたっています。プロダクトチームは自己組織的なチームであり、マネージャーが開発の詳細までマネジメントすることはありません。各開発部のマネージャーが担当するのは、業務やスキルアップのサポート、エンジニアの評価や育成、そして全社のゴールを最上位目標とする他部署との調整を行うことです。

リリース: 2016年4月

利用技術・開発環境

Management

チャットやタスク管理などのツール

Slack, GSuite

自動化していること

開発環境構築
Lint
テスト
デプロイ

継続的に実践していること

Infrastructure as Code
スクラム
ペアプロをしている
モブプロをしている
事業数値をチーム全体に共有している
毎日チーム全体で状況共有をしている
定期的に振り返りを行っている
評価制度がある

コードレビューについて

設計に踏み込んだコードレビューをしている
可読性を意識したコードレビューをしている
バグが出ないようにコードレビューをしている
優先度が低くあまりできていない
体制、環境上できていない

技術的負債について

技術的負債の返済を重視し、迅速に返済している
定期的に技術的負債の返済をしている
既存実装に手をつけるタイミングで必要に応じて技術的負債の返済をしている
現在は優先度が低いため技術的負債の返済をあまりしていない
技術的負債の返済をする必要がない

テストについて

高いテストカバレッジを目指している
テストコードを当たり前に書いている
サービス運営上またはビジネス上重要な部分についてのみテストを書いている
基本的に手動でテストしている
テストを書く必要がない・または少ないプロダクトだ

チーム全体での開発の進め方

マネジメントチームとして、マネージャーが集まる定期ミーティングがあり、各チームの課題や悩みを相談し助け合う体制になっています。
ミーティング以外でもマネージャーはSlackを中心に常に連携しており、業務上の課題やメンバーのケアなど、諸所のマネジメント課題を常に共有し助け合いながら組織のマネジメントを行っています。

技術面でのアピール・課題・考え方

Opt Technologies としてはマネジメントは単なるスキルである、という考え方を持っており、実践だけでなく形式知として学ぶことを推奨しており、各種書籍での学習のほか、EM向けイベントの開催や、全社でのマネージャー向け研修も適宜実施されています。


開発チームからのメッセージ

技術とマネジメントをかけ合わせ、エンジニア組織に向き合いながら新たな価値創造に取り組むエンジニアリングマネージャーを募集しています。

マネージャーの経験がなくても意欲があれば大丈夫。技術者として、自身の開発だけでなく、人を通して業務成果をあげるということに挑戦してみませんか?


求人一覧

Opt Technologies マネジメントチーム

このチームと話してみましょう
どれくらい興味があるか教えてください。

Opt Technologies マネジメントチームの全てのメンバー

@gcchaan
組織の文化作りと外部発信
エンジニア組織のブログ、エンジニア向け勉強会や社内ハッカソンを通して文化醸成に取り組んでいます
@hiraiva
執行役員CTO
2012年にオプトグループのアドテク開発会社 Demand Side Scienceを設立し代表取締役に就任。2016年オプト入社。エンジニア組織「Opt Technologies」を立上げ、自社ツールの開発や広告代理事業のAI化などを推進。2017年にCTO就任。2019年4月より当社執行役員就任、CTOとしてOpt Technologies 管掌。実際はVPoEっぽい仕事も多く、Opt Technologies の制度作り・運用を推進しています。