インフラエンジニア・SRE

中規模から、本格的に大規模へ!アプリケーションコードも触りたいインフラエンジニアを募集

AWSgcpRailsPHP
東京都 / 千駄ヶ谷駅600~800万円
ルームクリップ株式会社

業務内容

責任、任される仕事内容

▼ミッション
- ユーザーさんの体験を毀損しないサービスを提供する
- 開発者の実装速度・コストを最大化するインフラを実現する

▼具体的な仕事内容
- アプリケーションサーバーのインフラレイヤーから、場合によってはアプリケーションレイヤーまでにおいて、サービスが高速で、安全に、安定して稼働するために必要なことを実装・設計します
- マイクロサービス・スケーラブルアーキテクチャを意識し、開発者が実装しやすいインフラ全体の設計を作り、実装します

▼仕事の魅力
- toC向けのUGCサービスはフロントUI・UXに加え、データの整備、リリース速度、各機能のスムーズな連携といった「バックエンド・インフラ」部分での影響力も多大です。RoomClipのビジョンと、プロダクトを使うユーザを意識して、必要な技術的基盤の実現に関与いただくことが可能です。
- 新しい技術領域やサービスに対して意欲的なメンバーが集まっています。
- 既存のRoomClipサービスに加えて、新規事業にも力を入れていく事業フェーズに、技術面から貢献いただくことが可能です。

なぜそれをやって欲しいのか

▼募集背景
サービス規模拡大に伴い、サービス成長加速を助けるAPI開発や、バックエンドの機能強化に関わっていただける新しいエンジニアの方を絶賛募集中です。大規模ユーザーが使うサービスのハンドリングに興味がある方、是非ご応募ください!

エンジニアリング以外の仕事・姿勢への期待

プロダクトやユーザー視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ビジネス視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ピープルマネジメント
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない

求める人

必須のスキル・経験

- AWS あるいはGCPの利用経験
- コンテナでの本番環境運用経験
- RailsあるいはPHPでのアプリケーション開発経験

あると望ましいスキル・経験

- NoSQLの利用経験
- ネットワーク設定(VPCなど)の経験
- CI環境の実装経験
- ElasticSearchサーバの構築経験

▼求める人物像
- 長期間動くシステムについて様々なパターンを想定し、最適な設計をタフに描けること
- 監視・計測・ベンチマークなど数値的な仮説検証が正しくできる方
- チームの一員として協調でき、メンバーとしっかりコミュニケーションとって進めることができる方
- 事業やプロダクトに興味関心を持ち、技術面から事業成長に貢献していくことに興味をお持ちの方

労働条件

雇用区分正社員・契約社員
新卒 / 中途中途採用
勤務制度フレックスタイム制
勤務時間(コアタイム時間)13:00 〜 17:00
勤務地東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28-1 佳秀ビル2階 / リモートワーク
待遇・福利厚生

・労災保険
・雇用保険
・健康保険(関東ITソフトウェア健康保険組合)
・厚生年金保険
・メンバー間交流を目的にした社内ワークショップ、定期パーティーの開催
・交通費全額支給
・スキルアップのための書籍購入費用サポート
・半年ごとに人事考課あり(給与アップの可能性あり)
・定期健康診断を毎年実施

求人の特徴

PC選択自由

リモートワーク可

副業可

スタートアップ

休日・休暇

・完全週休二日制(土日)、祝日、その他休暇は法定通り
・産休/育休実績有
・有給休暇(入社初日に付与)
・夏季休暇

試用期間

3ヶ月(待遇は本採用時との変更点なし)

受動喫煙防止措置に関する表記

・屋内の受動喫煙対策あり(禁煙)

企業情報

会社名ルームクリップ株式会社
企業URL

-

資本金

1億円

設立年月日

2011年11月24日

代表者氏名

高重 正彦

従業員数

60人

本社所在地

東京都渋谷区千駄ヶ谷1-28-1 佳秀ビル2F

何をやっている企業か

「日常の創造性を応援する」というミッションのもと、日本最大級の住まいと暮らしのSNSメディア「RoomClip」の開発・運営を行っています。

企業からのメッセージ

お部屋の中の実例写真と関連メタデータという、当社のみが有するデータを活用して「ユーザーさんの生活を変える」プロダクト作りに関わることができます。
開発だけではなくユーザーさんのことを考えた企画の立案含め、一緒により良いプロダクト作りをしてくれる仲間を探しています!みなさんとお話できることを楽しみにしております!

開発チーム情報

開発チーム名

RoomClip開発チーム

開発チームメンバー

担当プロダクト

プロダクトのリリース日

2012年5月

プロダクトの説明・成し遂げたいこと

「RoomClip(ルームクリップ)」は国内最大級の住まいとインテリアに関する創意工夫が実例写真として集まるサービスです。 https://roomclip.jp/

衣はZOZOTOWN、食はクックパッド/食べログなど代表的なCGM (Consumer Generated Media) が存在していますが、住の領域における唯一無二のCGMになりつつあるのがRoomClipです。

写真にはモノ、ブランド、テイスト、場所、商品の情報が付いており、毎月400万人を超えるユーザーがインテリアや暮らしに使えるモノやアイディアを探すのにRoomClipを利用しています。

「日常の創造性を応援する」というミッションの元、日々RoomClipを運営しています。https://corp.roomclip.jp/philosophy

私たちは、「インテリアを公開する場所を作りたい」と思ってRoomClipを運営しているのではなく、インターネットの力で、「人生で長い時間を過ごす家という場所を、人生を創造的で特別なものにする場所にしたい」と思ってRoomClipを運営しています。

自動化していること

デプロイ

継続的に実践していること

テストについて

高いテストカバレッジを目指している
テストコードを当たり前に書いている
サービス運営上またはビジネス上重要な部分についてのみテストを書いている
基本的に手動でテストしている
テストを書く必要がない・または少ないプロダクトだ

技術的負債について

技術的負債の返済を重視し、迅速に返済している
定期的に技術的負債の返済をしている
既存実装に手をつけるタイミングで必要に応じて技術的負債の返済をしている
現在は優先度が低いため技術的負債の返済をあまりしていない
技術的負債の返済をする必要がない

コードレビューについて

設計に踏み込んだコードレビューをしている
可読性を意識したコードレビューをしている
バグが出ないようにコードレビューをしている
優先度が低くあまりできていない
体制、環境上できていない

チーム全体での開発の進め方

開発が必要となるプロジェクトが発生したら、それがテクノロジーチーム全体に共有され、担当アサインエンジニアが決まります。(サービスによってアサインエンジニアが固定されているケースもある)プロジェクトのオーナーから達成仕様をヒアリングし、技術的付加価値をあたえるためのディスカッションなどを通して、開発の仕様に落とし、場合によっては他のテクノロジーチームメンバーに相談しつつ実装を開始します。

自分の専門能力で解決できない案件などは逐次勉強期間や、ヘルプエンジニアと一緒に実装するなどし、本人の成長の機会とも捉えています。自社プロダクトの開発なので、1つ1つのプロジェクト経験が他全てのプロジェクトに好影響があることが想定されます。

実装後はgithubでのPRベースでコードレビューが行われ、リリースノートとともにマージされます。

また、特定の一部サービスや、技術者から発案されたプロジェクトなどは、エンジニアがイニシアチブを持ってプロジェクトを推進することも多々あります。

技術面でのアピール・課題・考え方

クラウドインフラはAWSがメインで、一部GCPをつかっています。
Webサーバは一部EC2上でLAMP環境が残っておりますが、多くはECSでDocker管理されています。また、最近はシンプルな機能に関してはよりスケーラブルな方向を目指しLambdaでのアプリケーションも検証を始めています。アプリケーションの言語は、レガシーな部分はPHPですが、それ以外に関してはRubyを中心として、多岐にわたります。それぞれのアプリケーションに必要な言語・FWは、設計の際にエンジニアが合議で決定するため、全社を通した言語の縛りなどはございません。CIは自動化されておりますが、テストカバレッジはまだそこまで高くない状態です。

データベースとしてはAuroraを使っておりますが、計測DBとしてはRedshift、Athena、BigQueryと多岐にわたって利用シーンがあります。またRDB以外ではRedis、一部Dynamo、転置インデックスサーバとしてElasticSearchを利用しています。

自社のネイティブアプリからUGCとして収集される情報や、付加価値をつけて編纂した情報をDBに格納し、それを中心として、あまねく事業で活用していくということをビジネス領域としています。そのため、多くのタッチポイントでフロントサービスを提供することになり、「共通化していく処理」と「UI/UXのために高速にPDCAを回す処理」とをしっかり分けて生産能力を向上させていくことが求められています。マイクロ化やBFFなどはその流れの中に位置づけられており、適切な生産性向上のために最新技術やトレンドを丁寧に精査して採用しています。

開発チームからのメッセージ

友達の家を訪ねたとき、思わず真似したくなるポイントってありませんか?
自分では気づけないかも知れませんが、皆さんの部屋は実はけっこう面白くって、創造的なのだと思っています。そんな創造性を応援していこうとするのがRoomClipのミッションです。

RoomClipを使い、誰かの暮らしを参考にして自分の暮らしを変えていく。このサイクルを、あらゆる瞬間で最適に作り、多様で豊かな暮らしを実現していくということが今我々が目指している姿です。これは、部屋や家にまつわる多くの商品・サービスの購買カスタマージャーニーにおいて、ビジネス的にも大きな可能性を秘めております。

しかしサービスやビジネスを大きく加速させるためには、まだまだ多くの課題が山積みになっています。先例も少なく、我々の工夫と努力で乗り越える必要があるシーンも多数あります。そういったなかでは、サービスを成長させるため、提供価値を向上させるために、スキルや役職に関係なくディスカッションし、それぞれができることで付加価値を作り、不確実な中で慎重に挑戦することが求められます。

我々のエンジニアチームは、技術的成長のみならず、あらゆるインプットが推奨され、複雑な状況のなかでトータルな意味での課題解決能力をみにつけることが要求されます。そのために必要な技術スタック、体制、裁量や決定権などをできるだけ付与できる準備があります。様々な人材が活躍できる「舞台」があると思っておりますので、是非一度「とりあえずふらっと様子見てみるか」くらいの軽い気持ちでお声がけください!


中規模から、本格的に大規模へ!アプリケーションコードも触りたいインフラエンジニアを募集

ルームクリップ株式会社