フロントエンドエンジニア

調剤薬局と患者さんのDXを実現する お薬連絡帳アプリのフロントエンド開発

AWSPythondjango-rest-frameworkTypeScriptAWSAmplifyAWSLambdaawsS3AWSAPIGatewayRDSAWSCDKTerraformDatadogpagerdutysentryGitHubActionsgihtub
東京都 / 東銀座駅700~900万円
株式会社カケハシ

業務内容

責任、任される仕事内容

【業務概要】
当社サービス「Pocket Musubi」のフロントエンドの開発を主にご担当いただきます。
具体的には、TypescriptやAngularを用いて患者向けの画面や薬局向けの画面に関わるフロントエンド開発を行っていただきます。
また、私たちのチームではフロントエンドエンジニアでもPythonやDjangoを用いたバックエンド開発のタスクにも挑戦したり、逆にバックエンジニアでもフロントエンドの開発タスクに挑戦したりして、チームのエンジニア間での作業の属人性の低減やスキルアップにも積極的に取り組んでおります。
今回の募集ポジションでは、ぜひ私たちのエンジニアチームの輪の中に入っていただき、フルスタックでのスキルアップやプロダクト開発にチャレンジしていただきたいと考えています。
当社ではスクラムを採用しており、プロダクトオーナー、薬剤師、デザイナー、エンジニア、スクラムマスターなど、チームの異なる役割のメンバーとも積極的にコミュニケーションをとりながら業務を遂行していただくことを期待します。

◇Pocket Musubiとは
調剤薬局を利用する患者さんおよび調剤薬局向けの「おくすり連絡帳アプリ」。
薬を受け取って帰った後の患者さんの服薬状況・体調変化データをアプリで取得し、問題の発生を検知したら調剤薬局/薬剤師が介入して患者さんをサポートできるようにする、患者データを活用して調剤薬局と薬剤師の役割を大きく変革する、調剤薬局のDXを実現するためのプロダクトです。

【具体的な業務】
・新規企画および顧客要望に基づくアプリケーション開発
 ・TypescriptやAngularを用いたフロントエンド開発
 ・DatadogやSentryなどを用いたシステム監視基盤構築・運用
 ・Python、Djangoを用いたAPI開発
 ・AWSサーバレスアーキテクチャに基づくインフラ構築
 ・AWS CDKやTerraformなどのIaCツールを用いたインフラ構築

・技術的知見に基づくチームの支援
 ・新規企画に関わる技術調査・フィジビリティスタディ
 ・顧客問い合わせに関わる調査

◇開発環境
言語: Python, TypeScript, etc.
フレームワーク: Django REST framework, Angular, etc.
インフラ: AWS(AWS Amplify, S3, API Gateway, Lambda, RDS, etc.)
IaC: AWS CDK, Terraform, etc.
モニタリング:Datadog / PagerDuty / Sentry
CI/CD:Github Actions
コミュニケーション: GitHub, Slack

◇チーム構成
プロダクトオーナー1名、デザイナー1名、エンジニア6名、スクラムマスター1名

なぜそれをやって欲しいのか

◆コンビニよりも多い薬局、変革が求められる薬局

全国の薬局数は約6万店。
コンビニよりも数が多く、患者の医療体験を大変革するポテンシャルを秘めた場所でもあります。1年間で薬剤師は、8億回を超える患者への指導を行っています。
とはいえ、薬局は「ただ薬を貰う場所」というイメージを持つ方も多いかもしれません。
現場の薬剤師は、驚くほどの薬学的な知識を持ち、医療の安全性を担保し、さらには患者の健康を創り出す知見を持ち合わせています。しかしながら、現実には、現場の業務負担が重く、思うように患者さんに時間を使うことができない状況に置かれています。
いま、薬局は、その役割が問い直され、大きな変化を求められています。2015年に厚労省から出された「かかりつけ薬剤師」制度が導入され、「薬を渡す薬局」から、患者の背景に合わせて深く患者の健康にコミットし、患者に選ばれる薬局へと変革することが促されています。

◆Musubiが担うミッション、薬局をより良い場へ

KAKEHASHIの薬歴Musubiは、単なる便利なクラウドシステム以上の意味を持ちます。
重たい事務作業の負担を劇的に軽減することで、空いた時間を、本来薬剤師が担うべき付加価値の高い業務を行うことができるようになります。
患者への服薬指導をサポートすることで、薬局のあり方や価値そのものを再創造するプロダクトを目指します。
KAKEHASHIは、自分達が日本の医療の未来を創造するのだという強い責任感と使命感を持っています。KAKEHASHIの想いやビジョンに深く共感し、一緒に新しい薬局像を実現していこうとする多くの薬剤師の方にKAKEHASHIは囲まれています。

◆変化の起きにくい医療の業界に風穴を

調剤薬局内で使用されているシステムは、ここ20年ほど変化がなく、大手SIerが開発したレガシーなシステムを使用している薬局がほとんどです。
創業時には400件を超える薬局をまわり、現場の本当の課題を探り続け、その深い現場の課題感がMusubiの基礎となっています。KAKEHASHIには、社内に多くの薬剤師がおり、プロダクト設計からカスタマーサクセスまで深く業務に携わっています。
KAKEHASHIは、医療現場の深い課題感と、Webエンジニアの技術を掛け合わせることで、いままでにない形で医療現場の課題を解決していく医療スタートアップです。医療の「業務」という、スタートアップにとっては非常に参入障壁の高い、難しい世界に、真正面から挑みます。

エンジニアリング以外の仕事・姿勢への期待

プロダクトやユーザー視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ビジネス視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ピープルマネジメント
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない

求める人

必須のスキル・経験

【必須(MUST)】
・特定の開発言語でのWeb開発経験3年以上
・AWS / GCP / Azure などのクラウドサービスでのWeb開発経験
・RDBMS / NoSQLの知識・経験
・Webアプリケーションにおけるセキュリティ知識およびシステム運用知識・経験
・テストコードを利用したWeb開発経験
・テスト駆動開発の知識・経験

あると望ましいスキル・経験

【歓迎(WANT)】
・Infrastructure as Codeの知識・経験
・大規模トラフィックシステムの開発・運用経験
・事業の立ち上げから成長期間におけるプロダクト開発経験
・開発チームのリードやマネジメントの経験
・バックエンド開発を含むフルスタックエンジニアとしての知識・経験および志向

【求める人物像】
・チームで成果を出すことに喜びを感じる方
・HRT(謙虚・尊敬・信頼)の姿勢を大切にしている方
・医療・健康に関心のある方
・最新技術や業界についての学習意欲のある方
・サービスのUI/UXに関心のある方
・コードの質を大事にする方
・アジャイルソフトウェア開発に関心のある方

労働条件

雇用区分正社員・契約社員
新卒 / 中途中途採用
勤務制度裁量労働制
勤務地〒104-0045 東京都中央区築地4丁目1-17 銀座大野ビル9F
待遇・福利厚生

・専門業務型裁量労働制
・リモートワーク可、かつ副業可(事前申請制)
・各種保険:完備
・リモートワーク手当
・人事制度:「TSUNAGARI」社内コミュニケーションの促進につながる内容の金銭的な支援を行う制度があります。
 ウエルカムランチ
 Members hang out(複数チームでの懇親会)
 オフサイト企画支援
 スキルアップ支援
 リファラル制度
・SO制度:原則、全社員にSOを付与

求人の特徴

リモートワーク可

副業可

スタートアップ

ストックオプションあり

休日・休暇

・休日:土日祝日(職種によっては土曜対応ありですが、休日対応と認め前後で代休を取得していただきます)
・有給休暇:10日間
・夏季休暇:有
・年末年始休暇:有
・慶弔休暇:有
・その他休日:誕生日休暇、アニバーサリー休暇など

試用期間

3ヶ月(待遇は本採用時との変更点無し)

受動喫煙防止措置に関する表記

・屋内の受動喫煙対策あり(禁煙)

企業情報

会社名株式会社カケハシ
企業URL

https://www.kakehashi.life/

資本金

37億316万円(資本準備金を含む)

設立年月日

2016年3月30日

代表者氏名

中尾 豊

従業員数

150

本社所在地

〒104-0045 東京都中央区築地4丁目1-17 銀座大野ビル9F

何をやっている企業か

カケハシは「日本の医療体験を、しなやかに。」というミッションの元、薬局向けに電子薬歴SaaSを提供する150名程度のヘルスケアスタートアップです。

国内に約6万店(コンビニエンスストアは全国で約5万5千店)存在する薬局ですが、まだまだレガシーな環境が残されており、テクノロジーを用いて変革しうる余地があるとともに成長可能性が高いマーケットでもあります。
患者の健康に寄り添える場所として、薬局から医療体験を変革していきたいという創業の想いを具現化するため、既存事業に続き新事業にも取り組み始めています。

企業からのメッセージ

コンビニよりも多い薬局、変革が求められる薬局

全国の薬局数は約6万店。
コンビニよりも数が多く、患者の医療体験を大変革するポテンシャルを秘めた場所でもあります。1年間で薬剤師は、8億回を超える患者への指導を行っています。
とはいえ、薬局は「ただ薬を貰う場所」というイメージを持つ方も多いかもしれません。
現場の薬剤師は、驚くほどの薬学的な知識を持ち、医療の安全性を担保し、さらには患者の健康を創り出す知見を持ち合わせています。しかしながら、現実には、現場の業務負担が重く、思うように患者さんに時間を使うことができない状況に置かれています。
いま、薬局は、その役割が問い直され、大きな変化を求められています。2015年に厚労省から出された「かかりつけ薬剤師」制度が導入され、「薬を渡す薬局」から、患者の背景に合わせて深く患者の健康にコミットし、患者に選ばれる薬局へと変革することが促されています。

KAKEHASHIは、自分達が日本の医療の未来を創造するのだという強い責任感と使命感を持っています。
一緒に社会変革に取り組んでいただける方のご応募をお待ちしております。


調剤薬局と患者さんのDXを実現する お薬連絡帳アプリのフロントエンド開発

株式会社カケハシ