バックエンドエンジニア

モビリティプラットフォームを作り上げるサーバサイドエンジニア(タクシー配車サービス「GO」)

GoAWSgcpkubernetesDockerTravisCICircleCI
東京都 / 六本木一丁目駅700~1050万円
株式会社Mobility Technologies

業務内容

責任、任される仕事内容

タクシー配車サービス「GO」やその他新規事業における、サーバサイド開発を総合的に行っていただきます。
アーキテクチャでの設計やGCP/AWSを使ったシステム運用などを通し、インフラからアプリケーション開発まで幅広くお任せします。

なぜそれをやって欲しいのか

配車アプリ「GO」は、「JapanTaxi」と「MOV」が統合して生まれた新しいタクシーアプリで、全国のタクシー車両の約半数である約10万台が配車対象です。(2020年7月29日時点 全国の事業者数及び車両数の推移)

今後は単なるタクシー配車にとどまらず、「希望の日時に呼ぶ」といった「タクシー利用者にも、タクシー事業者にも嬉しい機能」を順次開発、提供していき、相乗りなどのより複雑なシステムを含めたモビリティプラットフォームを作り上げていきます。
そのため、言われたものをそのまま作るのではなく、ユーザーやタクシー事業者の課題やニーズを理解した上で、より良い体験を追求するための議論をしながら開発を進める必要があります。

2020年4月の事業統合から5ヶ月でアプリ「GO」にリブランド・システム統合を終えました。
現在は車載システムの統合(対向サーバシステム含む)と、事業者向けシステムの統合を急ピッチで進めています。
並行して、統合だけではなく、圧倒的なタクシー車両をカパーするMoTだからこそ実現できる「AI予約」「スライドドア指定」などの新しいユーザー向けサービスの開発や、使い慣れたQRコードなどのスムーズな決済手段を提供するため新規開発プロジェクトも多数走っています。

今後は規制緩和が進めば、自動運転や相乗りなど、エンジニアにとってそこまで身近でなかったタクシーなどのオンデマンド交通をぐっと身近に引き寄せられる、日本の交通の進化のハブとなるシステムになります。
その分、システムとしては非常に複雑な仕様ではありそれを整合性を保ちつつ拡張していくところに難しさと面白さがあります。

また、数万台の車両が毎秒送ってくる大量のデータで高負荷がかかるサーバを低コストで安定運用する工夫や、緯度経度やポリゴン判定などの位置情報を扱う技術も必要で、それらを考慮しつつ、開発工程や品質保証の効率化も重要なため、サーバサイドエンジニアにとっては幅広い守備範囲を持ちつつ、高い技術レベルのチャレンジができる場であると思っています。

エンジニアリング以外の仕事・姿勢への期待

プロダクトやユーザー視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ビジネス視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ピープルマネジメント
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない

求める人

必須のスキル・経験

・Go / Rubyなどを使ったシステムの開発・運用経験(もしくはキャッチアップ可能な方)
・Linuxの運用経験
・Webアプリケーション、またはスマートフォンアプリケーションのバックエンドの開発・運用経験

あると望ましいスキル・経験

・自社サービスの開発・運用経験
・GAE/GKE/EKSを使ったアプリケーション開発の経験
・大規模なチーム開発の経験

こんな人は向いていないかも

・サービスそのものではなく技術だけにコミットする方
・モビリティ領域の進化や社会貢献に全く共感しない方
・継続的なスキル向上に興味がない方
・コミュニケーションにおいて相手を尊重しない方
・純粋にミッション実現に向かわず、自分や他人のことに縛られる方

労働条件

雇用区分正社員・契約社員
新卒 / 中途中途採用
勤務制度フルフレックスタイム制
勤務地の住所東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー16F ※新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大に伴い、当社では全従業員に対して暫定的にリモートワークを可能としています。
待遇・福利厚生

・査定2回/年
・交通費支給(上限月額5万円)

・社会保険完備
・トライアルタクシー制度(月額1万円)タクシーを知るために乗車運賃を会社が支給
・ニューノーマル手当(月額3千円)
・ウェルカムランチ制度
・書籍購入制度
・技術カンファレンス参加費負担(国内外)
・部活動制度
・私服勤務OK

求人の特徴

リモートワーク可

副業可

スタートアップ

休日・休暇

・土日祝日
・有給休暇(初年度は入社月に応じて最大10日※入社日に付与)
・年末年始休暇
・慶弔休暇
・介護休暇(介護の必要な家族1人につき年間5日間)

試用期間

3ヶ月(待遇は本採用時との変更点無し)

受動喫煙防止措置に関する表記

・屋内の受動喫煙対策あり(喫煙室あり)

企業情報

会社名株式会社Mobility Technologies
企業URL

https://mo-t.com/recruit

資本金

1億円

設立年月日

2020年4月1日

代表者氏名

中島 宏

従業員数

360

本社所在地

東京都港区六本木三丁目2番1号 住友不動産六本木グランドタワー16F

何をやっている企業か

株式会社Mobility Technologiesは、JapanTaxi株式会社と、DeNAのタクシー配車アプリ『MOV』や次世代AIドラレコサービス『DRIVE CHART』などが事業統合して2020年4月に誕生しました。

「移動で人を幸せに。」

かつてみんなと同じであることが良いとされた時代があった。
定時出社、大量輸送、みんなが世の中の形に合わせて生きてきた。
しかし時代は変わりつつあり、ひとりひとりの価値感に合わせて社会が形を変えていく必要がある。

どんな時代もヒトは移動し、モノは移動し、その移動量がわたしたちの豊かさを示してきた。
ヒトの移動、モノの移動。言い換えればそれは人々の暮らしを豊かにする価値の移動。
わたしたちはそれぞれの形に合わせて移動を最適化し、豊かに届けたい。

都市化による交通渋滞、交通事故。過疎化による公共交通の空白地帯。
そんな交通不全な状態も、まだまだ解決されていない。

いつの時代も、移動を進化させてきたのはテクノロジーの力だ。
これまで人類は素材や動力の技術革新で、輸送のスピードと量を向上させてきた。
さらにこれからは、データを活用し、ひとりひとりのニーズに最適化していく必要がある。
そして移動したいヒトやモノ、移動の提供に携わる全てのヒトやモノが、共に安心・安全に移動できる世界を、つくりたい。

目指そう。ストレスのない、もっとやさしい未来を。
移動で人を幸せに。

企業からのメッセージ

ミッションに共感し、一緒にチャレンジしてくれる仲間をお待ちしています!

Mobility Technologiesでは、「MoT 4WHEELS」というValueを掲げています。

- 全方よしを考える。
ユーザーファースト。そんなのは当たり前だ。タクシー会社、乗務員、クライアント、株主を含めたあらゆるステークホルダー、社会にとっての最適解。ここに進むためにはどうするのか。考えながら働こう。「全方」をどこまで想像できるか。これはイマジネーションの問題でもある。

- コトに向かって走れ。
なんのためにここで働くのか。「移動で人を幸せに」というミッションの実現のためだ。自分や他人のことをあれこれ考えること。セクショナリズムに縛られること。そんなことにエネルギーを費やすより、純粋にコト=ミッションの実現に向かおう。わたしたちは走る会社だ。全員でコトに向かって走れ。常にスピード感を持って行動しよう。

- 共闘がいちばん燃える。
そもそも敵同士が統合してできた組織だ。出自もカルチャーも違うことのほうが多い。でも。マンガでもドラマでも、ライバル同士が手を組んで戦う展開はとにかく熱い。社内で、社外で、そんな燃える共闘ができることは、わたしたちの大きな武器だ。違うから嫌う。それはこどもだ。違いを認めあい、感謝と尊敬の気持ちを持ってお互いを高め会えたときに、わたしたちは最強のチームになれるだろう。

- 挑戦と利益がエンジン。
挑戦も利益も大事。わたしたちは交通という社会インフラを担う立場。責任は大きい。ミッションを実現するためには、もっと力をつけなくてはならない。企業としても個人としても、力を増していくことはできることを増やす。より影響力を持ち社会に貢献できることにつながる。ミッションも利益もどちらも諦めない。それがわたしたちのエンジンだ。


モビリティプラットフォームを作り上げるサーバサイドエンジニア(タクシー配車サービス「GO」)

株式会社Mobility Technologies