AR/VRエンジニア最終更新日 2023/6/7

空間へのコンテンツ配置を当たり前にする Unityエンジニア募集!

UnityC#
東京都 / 新宿御苑前駅500~750万円
株式会社Psychic VR Lab

業務内容

責任、任される仕事内容

◆ 主な業務内容
- UnityおよびC#を用いたXRプラットフォームの開発
- Windows、Android、iOS、およびWebGLにおける開発
- XR環境におけるユーザーインターフェースの開発
- Unity Native Pluginの開発
- サーバー連携Unityライブラリの開発
- ネットワークマルチプレイヤー機能の開発
- XR機能を持つモバイルアプリの開発
- CI/CDなど開発環境の構築

プラクティス:
・テスト駆動開発
・ドメイン駆動開発
・自動テスト
・ソフトウェアテスト
・E2Eテスト
・技術勉強会

なぜそれをやって欲しいのか

XRプラットフォームSTYLYの開発を行っていただきます。
STYLYはWindowsアプリ、Webアプリ、Mobileアプリと幅広いプラットフォームに展開をしており、その全てでUnityを利用しています。

MRグラスのような最先端のデバイスから、広く普及しているモバイル、Webブラウザといったプラットフォームまで、XRの領域で広く活躍してくれるエンジニアの方を募集します!

XRの汎用的なプラットフォーム構築に挑戦したいエンジニアの方、ぜひご連絡をお待ちしています!

エンジニアリング以外の仕事・姿勢への期待

プロダクトやユーザー視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ビジネス視点での提案・コミット
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない
ピープルマネジメント
強く期待する
期待する
どちらでもない
期待しない
全く期待しない

求める人

必須のスキル・経験

- Unityを用いた業務経験、あるいは相当する経験が2年以上
- C#による開発経験
- ネットワーク利用アプリケーションの開発経験
- Githubなどバージョン管理システムを用いたチーム開発の経験

あると望ましいスキル・経験

- Unityでのシェーダー開発経験
- XRアプリや、3Dエンジンの開発経験
- Unityでのパフォーマンス最適化の経験
- モバイルネイティブアプリ開発経験
- 大規模マルチプレイヤーゲーム・システムの開発経験
- 自動テストの導入をリードした経験
- ボイス・ビデオチャットなどのリアルタイムコミュニケーション機能をサービスへ導入・運用した経験
- Unity認定Professional、Expertプログラマーの方
- 日常会話程度の英語力

こんな人は向いていないかも

会社としても開発体制と視点もまだしっかりと整っていない部分もあります。
しっかりとした決まりの中でルールに則って働きたいという方には向かないかもしれません。

労働条件

雇用区分正社員・契約社員
新卒 / 中途中途採用
勤務制度裁量労働制
勤務地の住所〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目34−2 MORIAURA 2F (リモート勤務可)
待遇・福利厚生

・通勤交通費全額支給
・住宅補助 ※会社から徒歩15分圏内の居住者が対象
・資格試験補助
・書籍購入補助
・アイソレーションタンク補助
・カフェワーク補助
・コロナ休暇、ワクチン休暇

求人の特徴

PC選択自由

リモートワーク可

副業可

スタートアップ

休日・休暇

・完全週休2日制
・夏季休暇、冬季休暇

試用期間

・入社から3ヶ月間(その間、雇用条件に変更はありません)

受動喫煙防止措置に関する表記

・屋内禁煙(屋上に喫煙スペースあり)

企業情報

会社名株式会社Psychic VR Lab
企業URL

https://psychic-vr-lab.com/

資本金

累計資金調達額:19億円

設立年月日

2016年5月19日

代表者氏名

山口 征浩

従業員数

27

本社所在地

東京都新宿区新宿1丁目34−2 MORIAURA 2F

何をやっている企業か

XR(VR/AR/MR)プラットフォーム「STYLY」の開発・運営と、STYLYを用いた様々な事業展開を行っております。

STYLYはXRコンテンツのプラットフォームです。
ユーザーであるアーティストが制作した1万以上のXRコンテンツが登録されており、様々なVR HMD、Webブラウザ、スマートフォンなどで体験・閲覧することが可能です。
また、STYLY StudioというWebブラウザ上でXRコンテンツを作成できるツールを提供しており、STYLYに登録されているXRコンテンツは全て、このツールを用いて制作されています。

またサービスの開発だけではなく、XRクリエイターの育成や、XRコンテンツを作る文化の促進にも力を入れております。
こちらに関しては2018年からNEWVIEWプロジェクトというものを実施しており、大規模なXRコンテンツのコンテスト「NEWVIEW AWARD」の実施や、XRアーティストになるための学校「NEWVIEW SCHOOL」の主催など、様々な活動をしております。

事業展開としては、STYLYをビジネス利用するための様々な取り組みを行っており、多様な企業と協業しつつ、STYLYのもつXRコンテンツ制作・配信プラットフォームとしての強みを活かす事業を生み出していっています。

企業からのメッセージ

人々が当たり前のようにXRデバイスを身に着けて日常を過ごす時代が、もう間近に迫っています。この「空間を身にまとう時代」が訪れると、人々は人類史上初めて、自らの周りの空間を自由に切り替えて生活をしていくことになります。

1日8時間、世界中で10億人がVR/MRを利用するとその時間合計は年間約3兆時間に及びます。現実と重なり合った新たなレイヤーが生まれる。これは今ある可処分時間を奪わない新たな巨大インフラが生まれるということです。

我々は空間を身にまとってすごす世界をSTYLYを通して実現しようとしています。Walkmanの登場により我々は音楽を身にまとって街に出るようになりました。iPhoneの登場で我々はコンピューターを身にまとって社会に出るようになりました。衣服のように身体の一部として空間を身にまとい、ライフスタイルを彩る新たなファッションとして多くの人が現実とバーチャルの重なり合った多層化された世界を同時に生きる世界を実現していきます。


空間へのコンテンツ配置を当たり前にする Unityエンジニア募集!

株式会社Psychic VR Lab