最適のチーム 最高の仕事

「会社選び」から「チーム選び」へ

転職のミスマッチは、なぜ起こるのだろう。

同じ会社でも開発チームが違えば、
一緒に働く人も、使う技術も、積める経験も違う。

ミスマッチは、会社ではなくチームで起こる。

だから Qiita Jobs では、
会社ではなくチームを探す。採用担当ではなくチームメンバーと話す。人事ではなく自分が配属チームを決める。

自分に最適のチームで、最高の仕事をしよう。



チームの仕事がわかる

Qiita Jobsではよくある会社の説明はありません。そのチームが開発しているプロダクトや利用技術、開発フロー、各チームメンバーの自己紹介といったチームの情報が、そのチームに所属するメンバーにより登録されています。エンジニアとして仕事するうえで知りたい情報を深く知ることができるため、そのチームが自分に合いそうかどうかがわかります。

開発チームページのスクリーンショット

チームの人と話せる

チームに興味を持ったら、そのチームで実際に開発しているエンジニアとチャットで話すことができます。いきなり面談までしなくとも、まずチャットで気になることを質問し一緒に働くイメージを持てるかどうか確認してみましょう。彼らと一緒に仕事をしたいと思ったら、そのチームが募集している求人にそのまま応募することができます。

チャットページのスクリーンショット

チームの一員になれる

Qiita Jobsでは利用企業の方に、選考に通った場合は応募したチームに必ず配属されることを約束してもらっています。Qiita Jobs上や面接などを通してお互いに理解が深まったメンバーのいるチームに入るため、安心して入社し開発に取り組むことができます。

チームの一員になれる

掲載開発チーム

freee
申告freee開発チーム
アドバイザー(公認会計士・税理士・社労士など)さん向けのプロダクト開発を行っております。 スモールビジネスを支えるアドバイザーさんの業務効率化を実現し、より経営アドバイスといった業務に時間を使えるようなプロダクトを開発しています。 主な開発プロダクトであるクラウド税務申告ソフト(申告freee)では、法人税、消費税、所得税、年末調整・法定調書などの申告業務をサポートするプロダクトとして開発しています。 複雑な計算や制度への対応といったドメインの難易度が非常に高い領域に、UI/UXにこだわった先進的なプロダクトでチャレンジしています。
株式会社ネクストビート
保育士バンク!開発チーム
保育士・幼稚園教諭の転職支援サービス「保育士バンク!」を中心に、保育士・幼稚園教諭を目指す学生の支援サービス「保育士就活バンク!」の開発・運営も行っています。 保育士バンク!は創業期から展開しており、現在では保育士求人・転職サービスにおいて6部門No.1(※1)業界トップクラスのサービスとなっています。 このチームではメンバークラスであっても企画段階から深く入り込み、マーケターを中心に他職種のメンバーと連携しながら開発を進めています。また、バックエンド~フロントエンドまで幅広く担当しています。 (※1)実査委託先:日本マーケティングリサーチ機構 調査概要:2019年1月期 サイトのイメージ調査
株式会社ユニエイム
チケットビジネス開発チーム
「チケット作成」「販売」「来場者管理」「データ解析」「電子決済機能」までイベントの運営を一括サポートする、ワンストップデジタルチケットソリューションです。 もともと、ユニエイムは ・レジのレンタル ・イベント運営 という2つの業務の軸を持つ事業会社で、ITサービスの提供というよりは実際に現場で人が動いたり機材の提供・設営などといった事を主業務としていました。 このイベント運営の事業において、特に受付に特化したサービス「イベントマネージャー」を開発運用していく中で、受付だけに限らず、【イベントにおけるあらゆるユーザーの体験を著しく向上させると同時に管理運用を簡潔にする】というwin-winのトータルソリューションに対して需要を見出し、その開発改善を行っています。 理想を端的に述べると、入場チケットさえあれば、会場でやることすべてができる。 そのようなあり方を模索しています。 それは例えば、会場に行く前にチケットを購入できる事であり、それもダフ屋や悪質転売のようなものの影響を受けずに正しい価格でチケットを購入できる事であり、逆に参加ができなくなったときには興行主も購入者も損をしない方法で適切な"転売"ができることであり、そうして購入したチケットを失くさずに受付できることであり、チケットを用いて付属サービスの購買ができることであり、チケットによって自分の席を迷わずに選べることであり… その他煩わしい一切のことから開放されながらも、特に運営側も負荷を抱えることがない。 より「イベントそのもの」に興じることができ、世界観を損なうことのない、例えば無意味には並んだりすることもない。 究極的にはそのようなあり方を目指しています。 もちろん、すべてを一足飛びに解決できることではないですし、例えば受付の速度などというのは華々しいAI等と比べてとても地味な世界で、必ずしも華やかな事ばかりではありません。 でも、縁の下の力持ちとして、関わる皆様の全てに確かな価値をお届けできるような、そのような仕事をしています。
開発チーム一覧