最適のチーム 最高の仕事

「会社選び」から「チーム選び」へ

転職のミスマッチは、なぜ起こるのだろう。

同じ会社でも開発チームが違えば、
一緒に働く人も、使う技術も、積める経験も違う。

ミスマッチは、会社ではなくチームで起こる。

だから Qiita Jobs では、
会社ではなくチームを探す。採用担当ではなくチームメンバーと話す。人事ではなく自分が配属チームを決める。

自分に最適のチームで、最高の仕事をしよう。



チームの仕事がわかる

Qiita Jobsではよくある会社の説明はありません。そのチームが開発しているプロダクトや利用技術、開発フロー、各チームメンバーの自己紹介といったチームの情報が、そのチームに所属するメンバーにより登録されています。エンジニアとして仕事するうえで知りたい情報を深く知ることができるため、そのチームが自分に合いそうかどうかがわかります。

開発チームページのスクリーンショット

チームの人と話せる

チームに興味を持ったら、そのチームで実際に開発しているエンジニアとチャットで話すことができます。いきなり面談までしなくとも、まずチャットで気になることを質問し一緒に働くイメージを持てるかどうか確認してみましょう。彼らと一緒に仕事をしたいと思ったら、そのチームが募集している求人にそのまま応募することができます。

チャットページのスクリーンショット

チームの一員になれる

Qiita Jobsでは利用企業の方に、選考に通った場合は応募したチームに必ず配属されることを約束してもらっています。Qiita Jobs上や面接などを通してお互いに理解が深まったメンバーのいるチームに入るため、安心して入社し開発に取り組むことができます。

チームの一員になれる

掲載開発チーム

株式会社オープンストリーム
戦略技術推進本部
お客様の課題解決やビジネスの成功のために、最適な先端技術(クラウド、ビッグデータ、AI、IoT)を利用したシステム、アプリをつくり、技術力でサポートしていくこと。 また、開発業務だけではなく、技術力を生かしたブランディング活動やアライアンス強化、プリセールスも行っており、自らビジネスを作っていける部署です! 具体的には以下の業務を行っています。 - プロジェクトにアーキテクト等としてアサインされてのシステム開発(アプリ開発) - 社内の技術的なサポート窓口 - プリセールス活動(提案) - 技術的な対外的なブランディング活動(ブログ/登壇/イベントスポンサー等) - 社内のエンジニア育成 - ソリューション開発 - アライアンスの強化活動 エンジニアを労働集約的にアサインして稼ぐのではなく、 お客様からは個々のエンジニアの尖った技術力にお金を払ってもらう世界にしていきたい。
株式会社M&Aクラウド
M&Aクラウド開発チーム
M&Aクラウドは唯一の募集型M&Aマッチングプラットフォームです。 買い手企業の買収ニーズをWeb上に掲載し、買収担当者と売り手を直につなげる事により、スピーディーに安心して会社売却を行うことができます。 リリース後半年で9.2億円の会社売買がサイト上で発生するなど、他のサービスではありえないような規模の案件を扱っています。 M&A業界では、当事者が足を使って売り手や買い手を探していくことが殆どですが、情報不均衡から不利な取引が蔓延っています。 M&Aクラウドの魅力は、これから社会で必要とされるサービスを自分の手でつくり育てていけること。M&Aという切り口から、関連する様々な課題の解決に貢献できることも大きなやりがいです。
はてな
マンガチーム
集英社様と共同開発をしたマンガ投稿サイト「ジャンプルーキー!」「あしたのヤングジャンプ」の継続開発や、集英社様や講談社様、新潮社様へ提供しているマンガビューワ「GigaViewer」を通して、未来の才能の発掘と育成や素晴らしいマンガ作品と出会える機会の創出を目指します。自社サービスの提供を通して培った技術やノウハウを他企業にソリューションとして展開するテクノロジーソリューション分野に所属するチームです。当社としては最大規模の20人あまりのスタッフが所属しているチームで、投稿マンガサイトや無料マンガサイト、課金マンガサイトなどWEB×マンガ領域では最大の開発規模にあります。 ジャンプルーキー!はリリースから4年、マンガビューワの「GigaViewer」は、2年前のリリースから各出版社やユーザー様より大変好評を得ています。1社それぞれにビューワーを開発するのではなく、導入企業全体に同一のビューワーを提供しているため、新規導入や拡張開発に対して多くのご要望をいただいています。最近では課金機能も追加され、またアプリの開発を行うようにもなり、継続的に成長しています。「紙の雑誌に代わるWEBマンガサイトを用意することで漫画文化を守り育てていくこと」をミッションにこれからも開発を続けていきます。
開発チーム一覧